So-net無料ブログ作成
検索選択

本日の勝負(3/27高松の宮記念)

北海道も春を迎えいよいよ暖かくなってきた。
そんな折、先日、スキーのデモンストレーターよりレッスンを受ける機会があった。
国内でトップクラスの方で、見た目の切れ味も明らかに違うオープン馬という感じであった。
また、教え方もうまく、カービングスキーの滑り方を根本から叩きこんでもらった。
最後は、その昔小生がトライしながらも腰を痛めてやめていたコブ斜面の滑りを教えてもらった。
こちらも、どこのラインを通ったらいいのかとか、滑る際のポイントは何かとかを教えてもらい、
不思議なくらい滑れるようになった。
そうなると、スキーシーズン終盤だが、また燃えてくる。
本来は、そのレッスンを最後に、スキーをしまって、ゴルフバッグを取り出そうと思っていたが、
春のコブ斜面で有名というキロロの長峰コースで猛特訓を敢行してしまった。
そこでは、山の上から下まで、一筋のレール上のコブができていて、
コブ好き達がまばらに滑り降りていく感じであった。
小生は、10コブくらい滑ると、だいたい息があがって、横に出て休憩のような感じだが、
多くのスキーヤーもだいたいそんな感じである。
何回か滑ってると、だいたい顔も分かってきて、お互い何コブくらい滑るか、
横で見ながら交代で滑るような感じになる。
そして、年齢的にも同じくらいのが多く、だんだん意地の張り合いのようになってくる。
10コブ過ぎて、かなりゼーゼーしてくるが、そこからもう5コブくらい頑張ったりと・・・。
そんな感じで、何本も滑っていると、かなり滑れるようになってくるのだが、
その後、突然、全く滑れなくなってしまったのだ。
自分でもよく分からなかったが、脚が限界を超えてしまったのだろう。
「これはまずい」と山を下りて、家に帰ったが、そこからが大変。
車を運転するのもやっとだし、翌日などはまともに歩けないくらいの状態になった。
40超えて無茶しちゃいかんと反省した次第である。

中京11R ビッグアーサー
ここ数戦、ちょっとふがいない結果となっているが、
昨年のレースぶりからは、スプリント王の素質がありそうだ。
今回、枠順も最高で、調教から状態もよさそう。
第一四半期総決算でバチンと勝負したい。

nice!(1) 
共通テーマ:競馬

nice! 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。